スノボ平野歩夢、五輪の舞台も「ほとんど変わんない」

予選1回目、華麗なエアを決める平野歩夢
予選1回目、華麗なエアを決める平野歩夢
予選を終え、笑顔を見せる平野歩夢
予選を終え、笑顔を見せる平野歩夢

◆平昌五輪第5日 ▽スノーボード男子ハーフパイプ予選(13日・フェニックスパーク)

 スノーボード・ハーフパイプの男子予選は13日、平昌のフェニックス・スノーパークで行われ、14年ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19)=木下グループ=が95・25点の3位で決勝進出を決めた。片山来夢(22)=バートン=は90・75点の5位、戸塚優斗(16)=ヨネックス=は80・00点の10位で14日に行われる決勝に進んだ。ソチ五輪銅メダリストの平岡卓(22)=バートン=は75・75点の13位で予選敗退となった。

 ◆平野に聞く

 ―滑ってみて。

 「まあ、いつも通りな感じ。予選に合わせた滑りを、まあ確実にできるって狙いで滑りました」

 ―五輪という舞台で感じること。

 「日本の人たちがすごい多いんで、特別なんか雰囲気が変わったっていうよりは逆にモチベーション上げられる部分もある。まあほとんど変わんない」

 ―決勝での滑りは。

 「結果より自分の滑りができれば、本当にいい結果になる」

 ―ショーン・ホワイトが(98・50の)高得点。

 「当然98点出る滑りはしてたから。出ると思いました」

予選1回目、華麗なエアを決める平野歩夢
予選を終え、笑顔を見せる平野歩夢
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請