【OB戦】ノムさん、ぼやき全開で存在感「ホークスユニ嫌い」

試合前に握手する長嶋総監督(左)と野村総監督
試合前に握手する長嶋総監督(左)と野村総監督

◆巨人宮崎キャンプ60年記念 ジャイアンツOB11―3ホークスOB(10日・サンマリンスタジアム宮崎)

 巨人とホークスのOB戦では、両軍の歴史を彩ったレジェンドがサンマリンスタジアム宮崎に集結した。巨人は長嶋茂雄終身名誉監督(81)=報知新聞社客員=、ホークスは南海OBの野村克也氏(82)が総監督を務め、ソフトバンク・王貞治球団会長(77)は巨人の4番として一本足打法を披露するなど、名優たちの競演に雨上がりの宮崎が熱くなった。

 天敵に大敗した悔しさか。試合後、ホークスOBを率いた野村総監督のぼやきが止まらなかった。

 OB戦の感想を問われ「小さな祭り。参加することに意義がある」と最初は殊勝に答えたが「試合はつまらなかった。無理だよ。年寄りばかりでやってるんだから」とチクリ。久々に南海のユニホームに袖を通したことにも“毒ガス”を噴射。「このユニホームは大嫌い。これにお世話になって、これに裏切られて。感謝と憎しみが五分五分」と1977年の監督解任事件への恨みをぶり返した。

 にこやかに試合を楽しむ様子も見られたが「顔の話は一番自信がないところ。もう少しいい顔していれば人気者になったんだろうけど」と自虐ネタ。代表インタビュアーにも「俺のこと知ってる? 長嶋は知っていても野村は知らないだろ?」と嫌み。囲み取材でこの日、不参加だった清原和博氏の名が出ると「バカとしかいいようがない。善悪の区別がつかない。(清原氏の西武時代の)森監督に『おまえが悪い』と言ったことがある」と切り捨てた。

 ただ「これだけ年月がたってもプロ野球はONが支えている。すごい」と2人には脱帽。大谷がメジャーに移籍した日本球界に「スーパースターがいない。人気商売なのに。清宮? どんどん打ってほしいね」と新たなスター誕生を期待した。試合には出場しなかったが“独演会”で存在感は際立っていた。(戸田 和彦)

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請