「レツゴー三匹」長作さん 肺がんのため死去、74歳

レツゴー3匹の(左から)レツゴーじゅんさん、レツゴー正児、レツゴー長作さん(1978年撮影)
レツゴー3匹の(左から)レツゴーじゅんさん、レツゴー正児、レツゴー長作さん(1978年撮影)

 漫才トリオ「レツゴー三匹」のメンバーで、俳優としても活躍していたレツゴー長作(本名・永原誠)さんが1日午後8時35分、肺がんのため大阪市内の病院で死去したことが4日、分かった。74歳だった。所属事務所の松竹芸能が発表した。

 16年3月末に肺がんが見つかってから入退院を繰り返していたという。昨夏から抗がん剤の効き目も薄くなり、同年12月には緩和ケアに治療を切り替えた。今年に入ってからは息をするだけで苦しそうな様子を見せていたが、長男らに「お母さんを大事にせえよ」などと話していたという。妻、長男、長女、次女が最期を見取った。3日に葬儀、告別式を営んだ。

 両親が劇団俳優だった長作さんは、自身も松竹新喜劇に俳優として入門。その後、1969年に正児(77)、じゅんさん(14年死去)と「レツゴー三匹」を結成した。舞台に登場した際、つかみで「じゅんでーす」「長作でーす」と2人があいさつした後、正児が物まねで「三波春夫でございます」と自己紹介し、両脇の2人にツッコミを入れられるのが“お約束”だった。

 70年に「第1回NHK上方漫才コンテスト」で優秀敢闘賞を受賞すると、73年には「第8回上方漫才大賞」で大賞を受賞するなど人気を博した。90年代以降はトリオとしての活動が減っていったが、長作さんは俳優としてとしても精力的に活動。99年のNHK連続テレビ小説「あすか」などに出演した。

 昨年2月、体調不良のため出演を予定していた舞台「おもろい女」を休演。当時、所属事務所は「重篤な病気ではないが、長期にわたる舞台の仕事は無理と判断したようだ」と説明していた。16年3月27日に大阪・道頓堀角座でのステージが最後の仕事となった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請