豊原功補、小泉今日子は「天然記念物」堂々会見で恋愛感情認め妻子との別居状態明かす

小泉今日子との不倫関係について語った豊原功補(カメラ・生澤 英里香)
小泉今日子との不倫関係について語った豊原功補(カメラ・生澤 英里香)

 1日に女優で歌手の小泉今日子(52)と不倫関係にあることを認めた俳優の豊原功補(52)が3日、都内で記者会見を行い、初めて自らの口で小泉への思いなどを語った。豊原はカメラのフラッシュを浴びながら一礼して着席。報道陣約80人を前に、足を組んだり開いたりするなど終始堂々とした姿勢で約30分間語った。

 小泉とは舞台の共演などをきっかけに約3年前に交際を開始。それ以来、自身の妻子とは別居状態にあるとした。小泉について「恋愛感情を持ってます」と改めて認めた上で、「自分の行為が正しいとは絶対に言えないし、家族に厳しい思いを強いてしまった。自責の念に尽きません。どんな石でも投げつけたい方は僕に投げつけてください」と批判覚悟で矢面に立つ決意を強調した。

 小泉は2日、結婚を否定していたが、豊原も結婚の話は「一度もない」とし、同居も否定した。離婚については「具体的にハッキリと話になってない」と協議中ではないとした。妻子の養育費は豊原が負担しており、「息子はしっかりした人間に育ってます」。息子と先月に対面し、小泉との関係を話したという。

 2人の関係を公表した理由は小泉の事務所独立が大きいとし、「独立というよっぽどの覚悟とともにけじめをつけようとなった時、打算や計算とは違うところで行き着いた形だった」と説明。「どちらが言い出したことではない。正式に独立しますという時、この問題(不倫関係の公表)はどうするかと自然発生的に起こった」と振り返った。

 会見の最後には「小泉さんはどんな存在か?」と聞かれ、「天然記念物みたいな人です。面白い人です」と唯一無二の存在であることを強調。「天然記念物」の意味を問う質問には応じず、足早に会見場を去った。

 ▼これまでの経緯

 小泉は1日、自身の制作会社「明後日」の公式サイトで、事務所独立と豊原との恋愛関係を認め「人間としてのけじめ」と公表。豊原も同日に自身のサイトで、既婚者であり、妻子とは別居中と報告し、2人の関係を「互いに志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております」と説明した。小泉は2日に都内で取材に応じ「結婚するとかそういうことではありません」「自分の罪は自分で背負って生きていきます」と話した。

 ◆豊原 功補(とよはら・こうすけ)1965年9月25日、東京都出身。52歳。82年日本テレビ系「天まであがれ!」で俳優デビュー。2003年にWOWOWドラマ「センセイの鞄」で小泉と初共演。08年に映画「受験のシンデレラ」でモナコ国際映画祭の最優秀主演男優賞を受賞。代表作は09年映画「南極料理人」、12年NHK大河ドラマ「平清盛」など。舞台、ナレーター、歌手としても活躍。98年12月に11歳下の一般女性と結婚、男児を設けた。身長179センチ。血液型A。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請