【巨人】サイドスローの田原が2段モーションに「使い分けできれば大きい」

スポーツ報知
ブルペンで投球練習をする田原

 巨人の田原誠次投手(28)が3日、1軍宮崎キャンプでブルペンに入った。

 左足を上下に大きく動かす2段モーションでの投球を披露した。昨年までは見られなかった投げ方。今年から2段モーションのルールが緩和されてOKになったことを受け、導入した。

 フォーム改造というわけではなく、引き出しの一つとしてルールの範囲内で使えればと考えている。普通に足を上げるパターン、2段モーション、クイック投法などを1球ごとに変えることができれば、打者はタイミングを取りづらい。

 「2段モーションを試してみて、極端にボールが悪くなるようだったらやめますが、使い分けができたら大きいなと。審判の方からは足が止まったらダメ、2回以上の足の上下はダメ、という説明があったので、その範囲内で2段モーションを使っていければと思っています」。貴重な中継ぎ候補は、様々な足の上げ方を試行錯誤しながら、右横手からキレのある球を投げ込んでいた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請