5億円から50万円。全盛期から大幅減俸も、元ブラジル代表GKジュリオ・セザールは現役を続行

スポーツ報知

 サッカー、ブラジルの名門フラメンゴは29日、38歳の元ブラジル代表GKジュリオ・セザールが入団することを発表した。リオ州選手権に出場する予定。

 ジュリオ・セザールはフラメンゴの下部組織で育ち、1997年から2005年までトップチームでプレーした後、セリエAのインテル、ポルトガル1部のベンフィカなどで活躍した。「この愛着があるクラブで現役を終えたいと強く思い、自分から申し出て契約してもらった」と語った。

 身長187センチの守護神はブラジル代表でも活躍。06年、10年、14年と3度もW杯メンバーに選出されている。インテル在籍時には、リーグ5連覇に貢献し09、10年時の年俸は400万ユーロ(当時の換算レートで約5億円)以上と言われていた。今回の契約期間は3か月で、月給は1万5000レアル(約50万円)となった。全盛期と比較すると大幅ダウンとなったが、古巣で現役を終えたい思いが強かったという。

 ジュリオ・セザールは昨年11月に、所属していたベンフィカと契約を解除しチームを退団。退団時には、引退も示唆していた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請