GENKING、性別適合手術を初告白「目が覚めたら女の子になっていて…」

GENKING
GENKING

 タレントのGENKINGが、29日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)にVTR出演。昨年5月にタイで性別適合手術を受けていたことを初告白した。

 16日に番組のインタビューを受けたGENKINGは、これまで“ユニセックス”(中性的)と発言していたことは偽りの自分だったことを告白。「戸籍も変わり、名前も変わり、すべて“女の子に戻れて”ハッピーでしかない」と明かした。

 しばらく芸能活動から離れていたGENKINGは、昨年、性別適合手術を受け、同年7月に戸籍上で「女性」に。8月には、戸籍上の「本名変更」を行い、元輝(げんき)から沙奈(さな)となっていた。

 物心ついたときから性別の違和感を覚えていたというGENKINGは、差別的な言葉でいじめられた過去を告白。小学4年の時に姉に髪を金髪に染めてもらってから目立つ存在となり、自信を持てるようになっていったという。

 謎の美男子としてインスタグラムで注目を浴び、“ユニセックス”キャラでメディアの出演依頼が殺到したが、偽りの自分に心が悲鳴を上げた。16年にホルモン治療を開始し、胸が大きくなるなど体型の変化に喜びを感じたという。

 昨年の6時間におよぶ性別適合手術を振り返り「目が覚めたら女の子になっていて、みんながおめでとう、頑張ったねって言ってくれて。自分で新しい自分を産んだと思った」と喜び。「ユニセックスでやっていたときは、バラエティとか出させてもらっても、本来はユニセックスじゃないから本心ではやりきれなかった。でも今は本来あるべき姿に戻っているので、GENKING第2章として一から頑張れたら」と、芸能活動再開への意欲を語った。

 さらに、今後の夢について「結婚かな。でも結婚するまでにお仕事をもう一回ちゃんとやろうと思う」と前向きに話し、左手薬指の指輪について問われると「内緒」とのろけていた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請