【ロッテ】ドラ1安田、卒業式で“ナニワのイブラヒモビッチ”とともに代表入り熱望

履正社の卒業式を終え、横浜M・町野(左)とともに記念撮影を行った安田(右)
履正社の卒業式を終え、横浜M・町野(左)とともに記念撮影を行った安田(右)

 ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18)が27日、大阪・豊中市内の履正社高で卒業式に出席。同級生でサッカーJ1・横浜Mに入団したFW町野修斗(18)を刺激にして、プロでの活躍を誓った。

 雪が舞う寒空の下で卒業式を終えた安田は社会人としての自覚を胸に、言葉に力を込めた。

 「自分が高校1年の時はまさかプロ野球選手になれるとは思っていなかったですし、騒がれることもなかった。改めて周りの期待も感じますし、その期待に応えるのがプロ野球選手としての仕事だと思う。そのためにも成長していかないといけない。浮かれることなく、地に足つけて努力していきたい」

 クラスメートや、後輩たちからサイン攻めや記念撮影の対応に終われるなど、“ファンサービス”に多くの時間を割いた。

 身近なライバルと切磋琢磨(せっさたくま)していく。競技は違えど、プロとして戦う町野は、同じスポーツクラスで互いの試合で応援しあった仲間だ。町野は身長184センチの大型ストライカーで日本高校選抜とU―18日本代表候補にも選出された逸材。高い得点力から元スウェーデン代表の選手にかけて“ナニワのイブラヒモビッチ”との異名を持つ。

 “ナニワのゴジラ”こと安田が「高校2年生の時に先に(町野が)高校選抜、日本代表候補に選ばれて活躍しているのを見て、刺激を受けていた。お互いプロの厳しい世界で頑張っていけたら」と語れば、町野も「U―18日本代表には候補までしかいけてない。知名度も負けていると思う。ライバル心を抱いて負けないように頑張っていく」と対抗心を燃やした。

 目標はそろって日の丸のユニホームを着ること。履正社から巣立った2人が大志を抱き、夢の舞台に飛び込む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請