春日野部屋暴行問題、暴行を受けた元力士が春日野親方へ「貴乃花親方みたくして欲しかった」

春日野親方
春日野親方

 25日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)で、大相撲の春日野部屋に所属していた元力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していたことを特集した。

 番組は、被害を受けた弟弟子の矢作嵐さん(22)のインタビューを放送。兄弟子から暴行を受け、実家に戻ったという矢作さん。春日野親方に説得されて部屋に戻った時に親方から「逃げ出して迷惑かけたんだから皆に謝れ」と言われたという。

 こうした対応に三田友梨佳アナウンサー(30)は「逃げ出すぐらいケガを負った弟子を、親方は親でもあるなら、寄り添うべきじゃないかなと思います。どんなことがあって、どんな状態なのか寄り添っていれば、詳しく分かるものだと思います」と指摘。三田アナのコメントに安藤優子キャスター(58)は「貴ノ岩関の時に似ていません?」と示した。

 三田アナは「貴ノ岩関は、貴乃花親方がずっと親身になって常に味方でいたからこそ、守ってくれる存在であったけれど、今回の場合は違うから、矢作さんは、そういう意味でも精神的に辛かっただろうと思う」と指摘していた。

 矢作さんは元横綱日馬富士の暴行事件で被害を受けた貴ノ岩について「貴乃花親方みたくして欲しかったですね、ボクも。貴ノ岩関かばってもらったじゃないですか。親が子を守るのは当たり前なんでそういうふうに春日野親方にして欲しかったですね」とコメントしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請