テリー伊藤氏、不祥事の連鎖が止まらない相撲協会へ「本当に直していくにはNHKが放送しないこと」

春日野親方
春日野親方

 25日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で大相撲の春日野部屋に所属していた元力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していた問題を特集した。

 2016年1月、日本相撲協会の理事に就任した春日野親方(元関脇・栃乃和歌)は事件を公表していなかった。現在も理事を務め、広報部長でもある春日野親方は「(力士は)やめてますから」と述べ、公表する必要はないとの考えを示した。日本相撲協会広報部はこの日、「春日野より報告されており、理事および親方として対応に問題はなかった」とのコメントを出した。

 こうした親方のコメントにコメンテーターのテリー伊藤氏(68)は「やめた人間って言ってますよね。まだいる人間の方を守る。まさに隠蔽体質ですよね」と協会の体質を断じた。その上で「この親方だけじゃなくて、角界全体がこういう形のような気がする。自分たちは殴られて伸びていった。だから殴っていいんだ、殴ることが一つの成長なんだということが今も変わっていないんじゃないかなという気がする」と指摘した。

 また、スタジオで相撲協会が公益財団法人で税制の優遇などを受けているなどの議論になり、テリー氏は「相撲協会って物凄く儲かっていますよ。これが一番問題でだから隠蔽していくわけで、これを本当に直していくにはNHKが放送しないことです」と持論を展開した。

 その上で「NHKの放送料、あれがすべて相撲協会の利益です。NHKが撤退したら、プロレス団体と一緒ですよ。ほとんど、行ってこいのような」と示し、年6場所を中継するNHKが放送を撤退すれば「尻に火が付くから、もっと真剣に考える」と指摘していた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請