片平晋作さん死去 西武・辻監督「心配していた」、広瀬元南海監督「まだまだ若いのに」

一本足打法でファンを魅了した片平晋作さん(南海時代)
一本足打法でファンを魅了した片平晋作さん(南海時代)

 南海、西武、大洋で主に内野手として活躍した片平晋作さんが22日午前9時58分、すい臓がんのため死去した。68歳だった。葬儀・告別式の日程は未定。

 大阪府出身の片平さんは上宮高、東農大を経て1971年ドラフト4位で南海に入団。2年目に頭角を現し、5年目の76年には主に一塁手としてレギュラーに定着した。高校時代から巨人・王貞治に憧れ、そっくりな一本足打法でも人気だった。79年には123試合に出場し、打率3割2分9厘、16本塁打、68打点。翌80年は21本塁打を放ち、南海の主力打者として活躍した。

 82年の西武移籍後も勝負強い打撃で、82、83年の連続日本一に貢献。86年に清原和博がドラフト1位で入団すると、指名打者での出場が増えた。同年オフに大洋に移籍。40歳の89年に現役を引退した。通算18年間で1181安打、176本塁打、601打点だった。その後は西武で1軍打撃コーチ、2軍監督、編成部長などを歴任し、09年限りで西武退団後は解説者として活動。2013年には女子プロ野球・埼玉の監督も務めた。昨年11月にすい臓がんが判明。闘病生活を送っていた。

 西武・辻監督「昨年までグラウンドに来て、仕事もされていた。正月に具合が悪いと聞いていて、少し心配してましたが…残念というか、さみしい」

 広瀬叔功氏(野球評論家、元南海監督)「屈託のない、いい人間だった。人一倍練習するけど、そのつらさを我々に感じさせなかった。真面目すぎるほど真面目で『野球はもう少し横着なぐらいでもいい』と話したこともあった。まだまだ若いのに…」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請