埼玉が3年ぶり2度目の優勝…ハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠が長野の東海大・関を大逆転

1着でゴールし、ガッツポーズする埼玉のアンカー設楽悠太(カメラ・谷口 健二)
1着でゴールし、ガッツポーズする埼玉のアンカー設楽悠太(カメラ・谷口 健二)

 全国都道府県対抗男子駅伝は21日、広島市平和記念公園発着の7区間48キロで行われた。最終7区(13キロ)で、ハーフマラソン日本記録(1時間0分17秒)を持つ埼玉の設楽悠太(26)=ホンダ=が4位スタートから首位だった長野の関颯人(東海大2年)ら3人を軽々と抜き去り、2時間19分10秒で故郷を3年ぶり2度目の優勝に導いた。46秒差の2位が長野、1分24秒差の3位は千葉だった。今大会は一般(社会人、学生)が3区(8・5キロ)と7区(13キロ)を、高校生が1区(7キロ)、4区(5キロ)、5区(8・5キロ)を、中学生が2区と6区(ともに3キロ)という区間設定となっている。(曇り、気温11度、湿度45・7%、北西の0・8メートル=午後零時30分スタート時)

 現在、大迫傑(26)=ナイキオレゴンプロジェクト=と並び、日本最強ランナーと称される設楽悠が、学生ランナーを全く相手せずに故郷・埼玉に3年ぶり2度目の栄冠をもたらした。

 最終7区を4位で走り出した設楽悠は、3秒前でスタートした神奈川の越川堅太(神奈川大2年)、茨城の出口和也(29)=旭化成=をアッという間に抜き去り、さらに2・4キロ地点では13秒前にスタートした長野の関に追いついた。5キロ地点で突き放すと、事実上、勝負あり。残り8キロは、ウィニングランだった。

 「埼玉の優勝のために全力を尽くす。前に見えているチームは全部、抜くつもりです」。前日の開会式の言葉を有言実行。東京マラソン(2月25日)に向けて弾みをつけた。

 3度目のフルマラソンのターゲットは2002年シカゴマラソンで高岡寿成(現カネボウ監督)がマークした2時間06分16秒の日本記録の更新。「皆さん(報道陣)が考えている以上の走りをしますよ」と笑顔で話した。「日本記録と考えていい?」と問われると「気象条件にもよりますが、それ以上の走りができると思っています」と言い切った。

 双子の兄の啓太(日立物流)とともに東洋大時代から箱根駅伝などで活躍した設楽悠は、2014年にホンダ入社後も順調に成長を続けている。16年リオ五輪1万メートルに出場(29位)。昨年2月の東京でマラソンデビューし、2時間9分27秒で走破した。2度目のマラソン挑戦となった昨年9月のベルリンでは2時間9分3秒まで記録を伸ばした。その1週間前にチェコで走ったハーフマラソンでは10年ぶりに日本記録を更新した。

 今年元日の全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)ではエース区間の4区(22・4キロ)で区間賞を獲得。都道府県駅伝の後は、香川丸亀国際ハーフマラソン(2月4日)、唐津10マイル(同11日)に参戦する。約1か月後の東京マラソンまで、今大会を含め、3レースの“ヘビーローテーション”で日本記録更新を狙う。「東京マラソン前のレースはマラソンの前半をイメージして、仕上げていきます」とその狙いを明かす。積極的なレース参加は、最強の市民ランナー川内優輝(30)=埼玉県庁=と共通しているが、設楽悠は、距離よりもスピードを追い求める。

 天才型のランナーはメンタル面の重要性も強調する。「30キロ以降は走力は関係ない。気持ちだけです」と話す。

 潜在能力は未知数。設楽悠は、東京で大仕事を成し遂げる可能性があることを広島で証明した。

 1区は、熊本の井川龍人(九州学院高2年)が19分56秒で区間賞を獲得。埼玉の橋本龍(東農大三高3年)は10位とまずまずのスタートを切った。

 2区は、熊本が首位をキープ。茨城が2位に続いた。1500メートル3分49秒72、3000メートル8分17秒84と高校トップレベルの日本中学記録を持つ“スーパー中学生”石田洸介(福岡・浅川中3年)が8分14秒の区間記録をマークし、22位から7位にアップ。15人のごぼう抜きを演じた。

 3区では、青学大の新主将に就任した茨城の森田歩希(3年)が首位に浮上。区間賞は青学大の「駅伝男」と呼ばれる山口の田村和希(4年)が獲得した。箱根駅伝(2、3日)で4連覇を達成した青学大が今大会でも存在感を発揮した。

 4区は、茨城が首位をキープ。21秒差の2位に埼玉が続いた。長野が本間敬大(佐久長聖高3年)の区間賞の力走で11位から4位に浮上した。

 5区は、長野の中谷雄飛(佐久長聖高3年)がチームメートの本間に続く区間賞で首位。2位の茨城に29秒差をつけた。埼玉は45秒差の5位だった。

 6区は、長野が首位を守ったものの、2位・茨城、3位の神奈川とは10秒差、4位の埼玉には13秒差に迫られた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請