小室引退表明にエハラマサヒロ「雑誌がまた一人の天才を殺しました」…“文春砲”批判が集まる

小室哲哉
小室哲哉

 18日発売の「週刊文春」で看護師との不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が19日、都内で会見を開き、芸能界引退を表明した。お笑いタレントのエハラマサヒロ(35)は同日、自身のツイッターで「雑誌がまた一人の天才を殺しました」と“文春砲”を批判し、反響を呼んでいる。

 エハラは「小室哲哉さん引退て…税金で生活してるんじゃないし一生モノ作りしてくれた方がみんな有り難いのに…もう不倫報道ええやろ。誰にも迷惑かけてない事は放っておきなさいよ!!雑誌がまた一人の天才を殺しました」とツイート。

 続けて「文春も仕事やと思うよ。報道もいろんな情報くれるからいつもありがたいですよ。でも犯罪でも無いみんなが知らなくていい事晒して、みんなに最高の娯楽を生んでくれる人をストップさせてしまうのは俺は嫌なんよ。頼むからやめよ!」ともつぶやいた。

 この投稿に対し、フォロワーからは「マジで同感です」「不倫しなければいい話」「しなくていい報道もあると思う」など賛否両論が寄せられている。

 また、ネット上でも「週刊文春はこれで満足か!」「私達の小室哲哉を返せ!」「わたしから小室さんの音楽を奪わないで!」など報道を批判するコメントが集まっている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請