宇多田ヒカル、新人初プロデュース 柴咲コウら手がけた小袋成彬 「この人の声を世に送り出す手助けしなきゃ」

スポーツ報知
宇多田ヒカル

 歌手の宇多田ヒカル(34)が、新人アーティスト・小袋成彬(おぶくろ・なりあき、26)のプロデュースを手掛けることが16日、発表された。小袋のデビューアルバム「分離派の夏」(4月25日発売)を全面プロデュース。宇多田が新人アーティストのプロデュースを手掛けるのは初となる。

 きっかけは、小袋が自身のアルバム「Fant)me」(16年)の収録曲「ともだち with 小袋成彬」に参加したことだ。宇多田は、その歌声にほれ込み、プロデュースに名乗り。「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない―。そんな使命感を感じさせてくれるアーティストをずっと待っていました」と心境を明かした。

 小袋は大学在学中、R&Bユニット「N.O.R.K」のボーカルとして活動し、その後に音楽レーベル「Tokyo Recordings」を設立。柴咲コウ(36)や「水曜日のカンパネラ」などのプロデュースを手掛け、主に裏方として活動してきた。この日、都内で非公開で行われたお披露目ライブでは、25分間のパフォーマンスを披露。宇多田が絶賛する卓越した歌声で、200人の関係者をうならせた。

 宇多田が手掛けた「分離派の夏」は1冊の小説を読むような物語性をコンセプトに、収録14曲が継ぎ目なく構成されている。宇多田自身も参加した「Lonely One feat.宇多田ヒカル」も収録。同曲はこの日深夜0時から先行配信がスタートした。

 宇多田は「主に裏方作業に徹していた小袋成彬の表現者としての真の目覚めに立ち会えたこと、ソロデビューアルバムの完成をこうして皆さんに伝えられる幸運に感謝しています」と、こみ上げる喜びをかみ締めた。

 小袋もデビューにあたり「私の想像を超えた世界の広がりに、ただ胸を躍らせるばかりである」と感情を高ぶらせる。5月1日に東京・渋谷WWWで初の単独ライブを行うことも決定。日本を代表する歌姫が見いだした才能に注目が集まる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請