【巨人】育成・松原&成瀬が1軍キャンプに抜てき

スポーツ報知
ノックを受ける成瀬

 巨人の育成、松原聖弥外野手(22)と成瀬功亮投手(25)が、春季キャンプで1軍に抜てきされることが15日、分かった。都内で行われたスタッフ会議で内定。2人は昨年11月末から台湾で開催されていたウィンターリーグに参加し、成績を残したことから白羽の矢が立った。

 支配下登録に向け絶好のアピールの場となる。松原はプロ2年目の外野手。昨季は主に3軍戦に出場し、45盗塁をマークした俊足と強肩を買われ秋季キャンプにも参加した。台湾では19試合に出場し、マルチ安打7度を含む打率3割1分1厘、0本塁打、6打点をマーク。打撃でも印象付けた。

 成瀬は今季巨人最長の育成8年目を迎える。入団後は13年に右肩関節唇のクリーニング手術、16年は右手指の血行障害を改善するための手術を受けた。困難を乗り越え昨年台湾では9試合連続無失点、防御率0・00と結果を残した。

 育成のキャンプ1軍スタートは14年の土田以来。松原は「今季初めからいいスタートが切れるように」と話しており、成瀬は「一日も早く支配下になって戦力になりたい」と意気込んだ。2人はサプライズ抜てきに全力で応えるつもりだ。

 ◆松原 聖弥(まつばら・せいや)1995年1月26日、大阪市生まれ。22歳。一般受験で仙台育英高に進学し、明星大では主に5番打者としてプレー。16年育成ドラフト5位で巨人入団。昨季は3軍で100試合に出場し、打率3割3分2厘、1本塁打、38打点、45盗塁。173センチ、73キロ。右投左打。年俸290万円。

 ◆成瀬 功亮(なるせ・こうすけ)1992年8月19日、北海道旭川市生まれ。25歳。旭川実では3年夏に背番号10で甲子園出場。10年育成ドラフト6位で巨人入団。昨季2軍では16試合に登板し、0勝0敗、防御率3・18。182センチ、90キロ。右投右打。背番号012。年俸280万円。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請