ステロイド混入の鈴木康大、練習器具盗難などの妨害行為も

スポーツ報知

 昨年9月のカヌースプリント日本選手権(石川・小松市)で、鈴木康大(やすひろ、32)=久野製作所=がライバル選手である小松正治選手(25)=愛媛県競技力向上対策本部=に意図的に禁止物質を含むステロイドを混入した件で、鈴木はインターネットを通じて薬物を購入していたことが明らかになった。

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の事実公表を受け、この日、日本カヌー連盟の古谷利彦専務理事らが都内で会見。薬物の入手経路については、鈴木が過去に海外遠征に行った際に、ネットで錠剤を購入。日本選手権前に自身の宿舎に郵送しておき、昨年9月11日の試合当日、砕いた錠剤を小松選手のドリンクボトルに混入したという。小松選手はこの日本選手権のカヤックシングル200メートルで1位となったが、知らずにドリンクを飲んでおり、同日のドーピング検査で陽性となっていた。鈴木は5位に終わっていた。

 JADAは、小松選手の不服申し立てを受け、調査を開始。連盟も独自の調査を行う過程で、鈴木が自ら混入の事実を申し出た。また、薬物混入のみならず、小松選手の練習器具を盗難していたことも発覚。他の選手にも用具にいたずらをするなどの妨害行為も認められた。小松選手は窃盗で警察に被害届を出していたという。

 2人は昨夏の世界選手権(チェコ)にも出場しており、関係者によると普段から非常に仲もよかった。鈴木はカヌーの第一人者として長らく活躍してきたが、16年リオ五輪の代表を逃したことから、一度引退。東京五輪を目指し、競技活動を再開させていた。古谷専務理事は鈴木の行為について「若手の台頭があり、実力も伸びてきたことで、記録会で勝つことができなくなってきた。地元での五輪に出たい、という焦りがあったのではないか」と説明した。

 小松選手は昨年12月13日付で暫定資格停止を解除。一方、鈴木はJADAから8年間の資格停止処分を言い渡され、連盟では最も重い「除名」の処分を検討している。

 小松選手はこの日、代理人を通じて「競技生活に復帰できることになったことについて、心より感謝の言葉を述べたい。東京五輪出場を目指して、日本代表として、今後とも競技に精進していく所存です」とのコメントを発表した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請