中居正広、TBS系キャスターで8大会連続五輪「ワクワクが止まりません」

 
 

 元SMAPの中居正広(45)が、開幕を1か月後に控える韓国・平昌冬季五輪のTBS系中継のメインキャスターを務めることが8日、発表された。冬季は06年のトリノ五輪から4大会連続、04年アテネ五輪から夏季も含めると8大会連続。期間中は現地で熱戦をリポートする。「選手の皆さんの活躍を想像すると、早くもワクワクが止まりません」と心躍らせた。

 中居が最も注目するのは、2大会連続金メダルの期待がかかるフィギュアスケート男子・羽生結弦選手だ。同局系ではショートプログラムが中継される。ほかに、弱冠15歳で臨んだソチ五輪で銀メダルを獲得したスノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢選手、スピードスケート女子500メートルで金メダル大本命の小平奈緒選手だ。スノーボード、スケート500メートルは、ともに同局で決勝が中継される。

 芸能界の中でも、特に中居のリポートの的確さには定評がある。番組プロデューサーも「スポーツを取材、報道するにあたって、中居さんの姿勢は常に一貫している。アスリートに対するリスペクトが根底にあることが、絶大なる支持を得ている理由ではないか」と期待する。

 16年のリオ五輪では、熱戦を盛り上げる1人として、日本代表の史上最多メダル獲得の後押しにも一役買った。「テーマはリオ五輪に引き続き『感謝』。夏と冬の違いはあっても、思いは一緒。さまざまな『感謝の物語』を紹介しながら、視聴者の方々と一緒にすべての選手を応援していきたい」と力を込めた。

 また中居とともに熱戦を伝えるスペシャルキャスターは、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(45)。10年のバンクーバー五輪からタッグを組む。中継テーマソングは、マライア・キャリーの「HERO」が起用されることも決まった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請