東国原英夫氏に男児誕生していた!英ノ丞くん 10月生まれ

英ノ丞くんを抱く東国原氏(早川氏提供)
英ノ丞くんを抱く東国原氏(早川氏提供)

 元宮崎県知事の東国原英夫氏(60)が2014年に結婚した妻の春香さん(40)との間に男児が誕生したことが4日、分かった。10月5日生まれで、生後約3か月。生まれた時の体重は2832グラムで、「英ノ丞(ひでのじょう)」と名付けた。自身の名前にある「英」を入れ、出身地の都城市に近い名前を意識したという。

 一番弟子のお笑いタレント・早川伸吾(49)によると、年末は宮崎県内でお宮参りを済ませ、家族水入らずで過ごした。東国原氏は妊娠が分かってから妻が暮らす宮崎市内と東京を忙しく往復していたという。早川氏は「目やおでこが兄さんソックリです。かわいすぎてたまらないようですね」と話した。

 東国原氏は「たけし軍団」でそのまんま東として活動していた1990年、女優のかとうかず子と結婚。長男、長女がいる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請