【RIZIN】ミルコ、高坂を圧倒 引退ロード無傷の白星スタート

高坂(手前)に襲いかかるミルコ
高坂(手前)に襲いかかるミルコ

◆RIZIN バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND ▽第9試合 MMAルール・120kg ○ミルコ・クロコップ(1回1分2秒 レフェリーストップ)高阪剛●(31日・さいたまスーパーアリーナ)

 日本の格闘技界をリードしてきたミルコ・クロコップ(43)=クロアチア=が、“世界のTK”高阪剛(47)=ALLIANCE=にレフェリーストップで白星を挙げ、1年後の大みそかでに向けての引退ロードがスタートした。

 1年ぶりにRIZINのリングに上がったミルコは、高坂に何もさせず、ロープ際で組み付き近距離のパンチで効かせると、倒れた相手に重たいパウンドを落とし続け、圧倒的な力のさを見せつけ、対日本人無敗記録を伸ばした。

 ◆ミルコ・クロコップ 1974年9月10日。クロアチア出身。43歳。1996年の「K-1 GRAND PRIX 96 開幕戦」にミルコ・タイガーのリングネームで日本格闘技界に初登場。その後左ハイキックを武器に多くのKO勝利を挙げた。2001年に藤田和之とのMMA戦以降、総合格闘技に進出。PRIDEに本格参戦後、ケビン・ランデルマン、マーク・コールマンら世界の強豪を撃破。06年の『PRIDE 無差別級グランプリ』でヴァンダレイ・シウバ戦など4試合をすべて1本・KO勝ちで下し優勝を果たした。その後UFCなどで活躍。13年には地元クロアチアで開催された「K-1 World Grand Prix 2012」に出場、悲願のK―1初優勝を飾った。16年「RIZIN」に参戦し、『無差別級GP』で初代王者に輝いた。18年の大みそかに引退することを発表している。188センチ、100キロ。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請