藤枝順心が日ノ本学園破り夏の総体決勝の雪辱果たす

攻め上がる藤枝順心の千葉主将(中央)と前線へ走るFW今田(右)
攻め上がる藤枝順心の千葉主将(中央)と前線へ走るFW今田(右)

 ◆女子サッカー 全国高校選手権第2日▽2回戦 藤枝順心 1―0 日ノ本学園(31日、兵庫・三木総合防災公園陸上競技場ほか)

 夏の全国高校総体決勝の再現となった2回戦は、藤枝順心(静岡・東海2位)が日ノ本学園(兵庫・関西1位)を1―0で破ってリベンジした。後半32分にFW今田紗良(3年)が決勝ゴールを奪い、「絶対に点を取って、夏の借りを返そうと思っていました。勝ててよかった」と喜んだ。

 お互いにほとんど決定機を作れず試合は終盤まで0対0。後半14分にDF斎藤久瑠美(3年)の放ったミドルシュートもクロスバーを直撃し、「嫌な予感がした」(多々良監督)というだけに、大きな1勝だ。ひとつのヤマを乗り越え、MF千葉玲海菜主将(3年)も「2回同じ相手に負けるわけにはいかなかった」と、2大会ぶりの優勝を見据えた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請