【高校サッカー】青森山田が2年連続宣誓…小山内主将、連覇へ向け「いい流れで試合に臨める」

開会式で選手宣誓した青森山田の小山内慎一郎主将
開会式で選手宣誓した青森山田の小山内慎一郎主将

◆サッカー 第96回全国高校選手権(30日・駒沢陸上競技場)

 開会式と開幕カード1試合が行われ、佐賀東(佐賀)が関東第一(東京B)を2―0で下し、2回戦進出を決めた。オープニングゴールは、小学校時代に香港出身の俳優ジャッキー・チェン(63)に憧れて空手を始め、九州1位に輝いた実績を持つ佐賀東FW中里知己(3年)の頭から生まれた。31日には1回戦の残り15試合が行われる。

 選手宣誓は前回大会の覇者・青森山田が2年連続で務めた。小山内慎一郎主将(3年)が堂々と宣誓し、「自分たちは東京五輪の世代でもあるので、それに向けての道ということと、苦しいときやつらいときもあったけど乗り越えて今の自分たちがあるという意味で『道』をテーマにした」と話した。連覇に向けては「去年も選手宣誓からの流れでそのまま優勝できた。まずは僕の選手宣誓が決まれば、いい流れで試合に臨めると思った」と栄光への道の一歩を踏み出した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請