押切美沙紀、大逆転で平昌切符…ボブスレー2人乗りで有力・妹の麻李亜と出場だ

◆スピードスケート 平昌五輪代表選考会最終日(30日、長野市エムウエーブ)

 女子5000メートルと男子1万メートルを行い、試合後に平昌五輪の男女日本代表16選手が発表された。女子5000メートルでは高木菜那(25)=日本電産サンキョー=が7分12秒18の2位。2大会連続、妹の美帆(23)=日体大助手=と姉妹そろって初めての出場を決めた。押切美沙紀(25)=富士急=は7分10秒68の1位で大逆転での切符。菊池彩花(30)=富士急=も2大会連続で、ともに異なる競技の妹と五輪の舞台で活躍を目指す。

 押切が崖っ縁から五輪代表に滑り込んだ。得意種目ではない5000メートルで頂点に立つと、笑顔がはじけた。1500メートルと3000メートルはともに4位とあと一歩代表に届かず、前日の取材エリアでは涙が何度もあふれ出た。この日の朝、高木美に「パワーをちょうだい」とすがったほど精神的に追い込まれ「ここで内定を取るんだという気持ちだけで滑った」と胸をなで下ろした。

 昨夏の練習中に左股関節を痛めたが、1か月の休養を挟みながら、2月の世界距離別選手権団体追い抜きで銀メダルを獲得した。今季もメンバー入りが期待されたが、まさかの不振。メンバーを争う4人が世界新を3連発する一方で、めまいや耳鳴りに悩まされた。「過去になかった症状で不安もある」と今月2日に無念の途中帰国となっていた。

 得意の1500メートルや団体追い抜きのメンバー入りは逃した。「心の中では正直悔しい」ともどかしさはあるが、前回にはない楽しみもある。妹・麻李亜(まりあ)もボブスレー女子2人乗りで初代表を狙える位置にいる。苦しんだ今季、競技は異なっても、同じ五輪を目指すアスリートとして互いに何度も悩みを打ち明け、元気をもらってきた。「私も崖っ縁でここまで来れた。妹もまだ代表が決まってないけど、最後まで諦めないで頑張ってほしいと伝えたい」。姉妹そろっての夢舞台を思い描いた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請