阿久悠さん特別賞 ピンク・レディーが39年ぶりレコ大ステージ「届くように歌う」

「ウォンテッド」のポーズを決める「ピンク・レディー」の増田惠子(右)と未唯mie
「ウォンテッド」のポーズを決める「ピンク・レディー」の増田惠子(右)と未唯mie

 ピンク・レディーが「UFO」で大賞を受賞した78年以来、39年ぶりにレコ大のステージに立った。

 2人の生みの親、作詞家の阿久悠さん(07年死去、享年70)の没後10年、作詞家50年の節目の年。阿久さんの特別賞受賞をたたえ、出演した。増田惠子(60)は「おめでとうございます、という気持ち。先生がこのステージをプレゼントしてくれたと思う。届くように歌いたい」とあいさつ。往年の名曲「ペッパー警部」「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」をメドレーで披露した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請