乃木坂46、AKB&欅坂との同門対決制した「インフルエンサー」で初レコード大賞!

初のレコード大賞に輝いた乃木坂46(カメラ・森田 俊弥)
初のレコード大賞に輝いた乃木坂46(カメラ・森田 俊弥)

 「第59回 輝く!日本レコード大賞」(日本作曲家協会主催)の授賞式が30日、東京・初台の新国立劇場で行われ、乃木坂46が「インフルエンサー」で大賞に輝いた。今回初めて優秀作品賞にノミネートされ初の頂点にたち、メンバーは涙ながらに熱唱した。また最優秀新人賞には女性9人組グループ「つばきファクトリー」が選ばれた。

 「レコード大賞は…乃木坂46!」―。アナウンスの瞬間、白石麻衣(25)、西野七瀬(23)も思わず両手で顔を覆った。初の栄冠に涙が止まらない。西野は「ちょっと夢見てしまったけど、どこかでないかなと思っていた…。信じられない」と声を震わせた。受賞後の歌唱ではメンバー全員が瞳を潤ませながらパフォーマンスした。

 AKB48の公式ライバルとして2011年8月に誕生。大賞に選ばれる権利を持つ優秀作品賞でAKB48、欅坂46もノミネートされ、史上初の同門対決を制した。

 飛躍の1年だった。白石、西野のダブルセンターで3月に発売した「インフルエンサー」がグループ初のミリオンを記録すると、今年発売したシングル「逃げ水」、「いつかできるから今日できる」もミリオンを達成。11月には夢だった東京ドーム公演を2日間開催し、約10万枚のチケットは即日完売した。美形メンバーが多いことでも知られ、白石の写真集は発行25万部を記録。齋藤飛鳥(19)らメンバーの写真集は軒並みヒットした。

 そんな中、悩みもあった。生駒里奈(22)や白石が漏らすのが「代表曲がない…」。ブンブンブン ブンブンブンブン…と始まるラテン系の曲「インフル―」は幅広い層に認知された。この日の大賞受賞で乃木坂の代表曲となった。

 12年のAKB48以来5年ぶりの女性グループの受賞となったが、目指すのはさらなる高みだ。東京ドーム公演の初日終了後、プロデューサーの秋元康氏(59)は楽屋を訪れ「意識の持ちようがまだ足りない!」とゲキを入れた。厳しい言葉は期待の高さの表れだ。

 来年2月には香港公演、夏には中国で単独公演を行う。「代表曲」を手に入れた乃木坂が世界へと飛び立つ。

 ◆乃木坂 東京・港区の赤坂8丁目と9丁目の境にあり、乃木神社前を外苑東通りへと上る坂。東京メトロ・千代田線の駅名にもなっている。江戸時代には幽霊坂と呼ばれていたが、1912年、近くに住んでいた学習院院長で大日本帝国陸軍の乃木希典大将の殉死を悼んで改名した。

 ◆乃木坂46(のぎざか・ふぉーてぃしっくす) 2011年8月21日、3万8934人の応募から選ばれた36人で結成。名前は所属レコード会社「ソニー・ミュージック」の所在地に由来する。12年「ぐるぐるカーテン」でデビュー。15年にNHK紅白歌合戦に初出場。16年11月発売「サヨナラの意味」が初のミリオンセラーに。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請