【高校ラグビー】今春選抜王者・桐蔭学園、史上6位120点で圧勝

桐蔭学園と飯田の試合は120対0の大差がついた
桐蔭学園と飯田の試合は120対0の大差がついた

◆全国高校ラグビー第3日▽2回戦 桐蔭学園120―0飯田(30日・花園ラグビー場)

 今春の選抜大会Vの桐蔭学園が18トライ、大会史上6位の120点で圧勝した。「きょうのメンバーは直前合宿で非常に調子がよかったので、早いうちに全国の雰囲気を経験させてやりたかった」と、藤原秀之監督(49)は選手層が厚いからこその思いを口にした。

 新チーム結成から「礎」をスローガンに掲げ、激しいチーム内競争を続けてきた。Aチームと称した38人を試合ごとに調子や相性を見極めてメンバーを代えた。「ずば抜けた選手はいないので一人一人がきっちり仕事をしていくだけ。目標は単独優勝です」とSH田村魁世主将は2010年に東福岡と両校優勝して以来の頂点を見据えていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請