【高校サッカー】星稜・河崎督監、2年ぶり舞台に感慨

入場行進でスタンドに向かって元気よく手を振る星稜イレブン
入場行進でスタンドに向かって元気よく手を振る星稜イレブン

 2年ぶりの舞台へ、気合は十分だ。1年時に選手権メンバー入りしたDF敷田唯主将(3年)は「帰って来たと実感した」と目を輝かせた。開会式では、大きな掛け声で堂々の入場行進。河崎監督は「懐かしく開会式を見たよ。(青森山田の)選手宣誓も立派なものが聞けたし、(チームは)元気に行進できたね」と感慨深げに話した。

 敷田は「ビデオなどで(相手の)プレーを見ました。守備が固く、FWがうまい。攻守どちらもしっかりしている」と、初戦の松山工(愛媛)を警戒。「チームの課題はまだ残っているが、雰囲気は悪くない。いい準備をして、いい結果につなげたい」と力強かった。

 開会式後は都内で最終調整。河崎監督は「しっかり戦う体勢を整えて、試合で勝てるように。選手をリラックスさせて、ミスをさせないようにする」と自らも気を引きしめていた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請