渡辺直美、紅白での心配事は「ご飯を食べるヒマがない」

リハーサルに登場した(左から)渡辺直美、ブルゾンちえみ、オースティン・マホーン、with B
リハーサルに登場した(左から)渡辺直美、ブルゾンちえみ、オースティン・マホーン、with B

 おおみそか放送の「第68回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)で、ハーフタイムショーを披露するお笑いタレントの渡辺直美(30)、ブルゾンちえみ(27)と、米アーティストのオースティン・マホーン(21)らが30日、東京・NHKホールで行われたリハーサル後に会見。渡辺は「紅白ならではの演出が楽しみ」と語った。

 昨年のハーフタイムにも、ピコ太郎と出演した渡辺は、「昨年は、おふざけで『海外からスター来ちゃいました』だったのに、今年は本物のスター来ちゃった」と興奮気味。AI(36)とステージでコラボするほか、楽屋の様子をネットで配信する「紅白楽屋トーク」の仕事も抱えており、「ご飯を食べるヒマがないのも心配。パフォーマンス中に食べられるタイミングがあれば」と不安そう。それでも紅白はいろいろなアーティストの素の姿を見られるのが楽しみだそうで、「五木ひろしさんとか、普通に歩いていますし、オープニングのリハーサルは鳥肌立つ。(昨年は)石川さゆりさんと松田聖子さんが仲良さそうにしゃべっているのを見て感動した」と明かした。

 “共演”するブルゾンに対しては「(出演前は)緊張している感じが出ているんですが、いざ出るとキモが座っている」と太鼓判。ブルゾンは、大御所まで一堂にそろう夢の舞台に「願わくば、(番組の)最後まで(現場で)見たい」と楽しみな様子だった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請