山梨学院大は1区永戸、2区ニャイロの3年生ダブルエースで先行狙う

 来年1月2、3日に行われる第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場21チームの10区間と補欠6人の選手登録を発表した。

 山梨学院大は1区に永戸、2区にニャイロと3年生ダブルエースを登録。過去3回は1区20位が2回と序盤で出遅れただけに、盤石の配置で上位を狙う。上田誠仁監督(58)は「2区が終わったくらいで(テレビ中継の)1号車にいる位置にいたいですね。しばらく撮ってもらっていないので」と笑顔。32年連続出場の指揮官は昨年17位に終わったレースのリベンジに燃えている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請