神奈川大は2区に絶対的エース・鈴木健

2区を走る神奈川大のエース・鈴木健
2区を走る神奈川大のエース・鈴木健

 来年1月2、3日に行われる第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場21チームの10区間と補欠6人の選手登録を発表した。全日本大学駅伝覇者の神奈川大は、1区山藤、2区鈴木健を並べた。前回トップで戸塚中継所を通過したコンビで狙うは先行逃げ切り。大後栄治監督(53)は「バシッとはまっている。迷っているのは復路の1、2区間くらい」と自信満々。当日変更しなかった全日本同様に、王道ローテで臨む。

 エントリー状況を見ての印象は「各大学、前半にだいぶ突っ込んできている。順大の1区が気になる」。各大学が主力を惜しみなく投入する往路を制すには、エース・鈴木健の出来が重要になる。来年2月の東京マラソン出場を視野に練習していたが「前回と遜色ないところまできている。経験とスタミナがある」と全幅の信頼を置いている。前回の1時間7分17秒を超え、三代直樹(順大)が持つ日本人最高1時間6分46秒も狙えれば、目標の往路優勝がグッと近づく。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請