水森かおり、今年の巨大衣装は「食い込みまくってます。食い込むほど快感です」

リハーサルで音合わせする水森かおり(カメラ・小泉 洋樹)
リハーサルで音合わせする水森かおり(カメラ・小泉 洋樹)

 大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールでスタートした。

 出場15回目の水森かおり(44)の今年の巨大衣装は、「海に浮かぶ初日の出に飛ぶ天女」だ。「早鞆ノ瀬戸」の大サビで自身初の宙づりに挑戦し、ステージ上3.6メートルに上昇。直径5メートルの「太陽」のセットをバックに熱唱する。腰と股をハーネスで固定しており、「食い込みまくってます。食い込むほど快感です」とニッコリ。

 小林幸子が不出場となった2012年から昨年まで5年連続の巨大衣装で高所で歌唱しており「もっと上がればいいのに」と平然。「初日の出(の演出)で明るい2018年を届けたい」と力を込めた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請