沙羅&有希ら代表入り確実…雪不足中止で平昌代表選考W杯が終了 

高梨沙羅
高梨沙羅

 国際スキー連盟(FIS)は28日、来年1月6、7日にルーマニアのルシュノブで開催予定だったノルディックスキーのW杯ジャンプ女子を雪不足のために中止すると発表した。日本勢はジャンプで男女を通じて歴代単独最多54勝目を目指す高梨沙羅(クラレ)が出場予定だった。

 年明けのW杯が中止となり、全日本スキー連盟が定めた平昌五輪代表選考の対象となるW杯が全て終了した。高梨、伊藤有希(土屋ホーム)らは派遣推薦基準を満たしており代表入りが確実。11日に男子とともに正式発表される予定だ。W杯ジャンプ女子の次戦は1月13、14日に札幌で行われる個人第5、6戦。ルシュノブでのW杯は3月上旬に代替開催を検討する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請