ウィンターカップ制覇の明成…田中、3点シュートを前半5本成功の大当たり

3点シュートを前半だけで5本も決めた明成・田中
3点シュートを前半だけで5本も決めた明成・田中

◆全国高校バスケットボール選手権大会(ウィンターカップ)最終日【男子】▽決勝 明成79(26―16、23―17、16―23、14―16)72福岡大大濠(29日・東京体育館)

 男子決勝で明成(宮城、高校総体2位)が福岡大大濠(福岡、高校総体1位)を79―72で破り、2年ぶり5度目の優勝を決めた。東京・梅丘中出身の八村亜蓮(あれん)、主将の相原アレクサンダー学、塚本舞生(いずれも3年)の3人が、今大会全5戦に先発出場。8月の高校総体では1点差で逃した日本一を、最後のチャンスでつかみ取った。佐藤久夫コーチ(68)は今月亡くなった仙台高時代の教え子へ、この優勝を届けた。2年生で唯一スタメンの田中裕也は、連覇を目指し、1年間鍛錬を積むと誓った。

 大一番で持ち味を存分に見せつけた。「自分のタイミングで(ボールを)持ったら打とうと決めていた」と語った明成・田中が、得意の3点シュートを前半だけで5本成功と大当たりだ。

 警戒されてマークが厳しくなった後半は0本に終わったが、最終第4Qに70―67と迫られたときは「苦しいときこそ走るバスケをやろう」(田中)と果敢にゴールへ切り込み、第4Qだけで6得点。準決勝・帝京長岡戦の22得点を上回る24得点を挙げ、粘る相手を振り切った。

 決勝のスタメン5人で2年生は田中のみ。来年は主力として活躍が期待される。「多くの経験をしているし、みんなに伝えながら引っ張っていきたい。(ウィンターカップ)連覇を成し遂げたい」と意欲十分の田中。1年後も再び歓喜の瞬間を迎えてみせる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請