【RIZIN】神取「二人の体調が整ったら是非戦いたい」ギャビ再戦へがっちり握手

再戦へガッチリと握手を交わしたギャビ・ガルシア(左)と、神取忍
再戦へガッチリと握手を交わしたギャビ・ガルシア(左)と、神取忍
涙目のギャビ(左)と握手する神取忍(C)RIZIN FF
涙目のギャビ(左)と握手する神取忍(C)RIZIN FF

◆RIZIN バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND(29日・さいたまスーパーアリーナ)

 ギャビ・ガルシア(32)=ブラジル=が計量で12キロオーバーとなり、神取忍(53)=LLPW―X=との試合が中止が当日に発表されたことを受け、2年連続の欠場となった神取がリングに上がり、ギャビとの3年越しの対戦を訴えかけた。

 神取はリングにあがり「今日は本当に残念で、悔しいです」と悔しさをにじませた。「この1年、人生をかけ、ギャビを倒すためにやってきました。31日やらせてくれと言いました。ルールがあっての対戦です。昨年は私がケガをしてしまいました。なので、皆さんにお願いです。2人の体調が整ったら是非戦いたいと思います。高田本部長よろしくお願いします」と高田延彦統括本部長(55)に訴えかけた。

 高田は神取の真意を問い、ギャビをリング上に呼び込んだ。ギャビは涙ながらに体重オーバーを謝罪し、神取との再戦を望んだ。

 高田本部長はこれを了承。最後は両者が握手を交わした。

 ◆ギャビ・ガルシア 1985年11月17日、ブラジル出身。32歳。世界柔術選手権で9回優勝、アブダビコンバットで3回優勝している「世界最強の女柔術家」。2015年大みそかの「RIZIN」で総合格闘技デビュー。186センチ。

 ◆神取 忍(かんどり しのぶ) 1964年10月30日、神奈川県横浜市生まれ。53歳。15歳から柔道を始め、1986年女子プロレス団体ジャパン女子プロレスに入団。「四天王」と呼ばれる看板レスラーに登りつめ、北斗晶、ブル中野らと激闘を繰り広げ、女子プロレスを牽引した。95年には女子初の総合格闘技L―1に参戦。2004年には政界入り。16年年末の「RIZIN」でギャビ・ガルシアとの一戦が決まるも、練習中のケガでドクターストップとなり欠場した。170センチ。

再戦へガッチリと握手を交わしたギャビ・ガルシア(左)と、神取忍
涙目のギャビ(左)と握手する神取忍(C)RIZIN FF
すべての写真を見る 2枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請