【広島】マツダスタジアム「インスタ映え」リニューアル パーティーフロア増設にパンケーキも

インスタ映えを目指す広島(写真は合成)
インスタ映えを目指す広島(写真は合成)

 広島の本拠地・マツダスタジアムが、「インスタ映え」する球場にリニューアルされることが28日、分かった。

 2009年の開場から来季で10年目を迎えるにあたり、大勢でパーティーをしながら観戦が可能な団体個室を3か所増設する予定。カープ女子が思わずSNSにアップしたくなるような仕掛けを検討している。

 現在、球場内にある団体個室は「パーティーフロア」(定員20~30人)が大小合わせて7か所と「ラグジュアリーフロア」(同50人)が1か所。新たに増設する団体個室は定員30人ほどになる見通しで、球団の仕事納めに出席した松田元オーナー(66)は「SNSのための場所。みんなが楽しめる空間を作っていきたい」と構想を披露した。

 「インスタ映え」しそうな仕掛けとして考えているのが、オランダ、イタリアへ海外視察にも行った「パンケーキ」など、他球場ではあまりみられない女子受けしそうな料理の提供。また、球場内を一周できるコンコースにも詳細は明かさなかったが「変わったオブジェ」(松田オーナー)を設置するという。

 チームは37年ぶりのリーグ連覇を成し遂げ、主催試合の入場者数は今季で3年連続の200万人突破となった。「強くなる過程の中で今年は重要な年だった。来年も200万人を超えられるように」と松田オーナー。日本三景のひとつに挙げられる安芸の宮島(厳島)などインスタ映えするスポット満載の広島だが、3連覇へ向けて球場自体をさらに盛り上げていく。

 ◆マツダスタジアムのパーティールーム 大小7か所ある「パーティーフロア」は大フロアが定員30人で料金12万円、小フロアが25人で10万円。「ラグジュアリーフロア」は50人で21万円。利用には部屋代に加えて人数分の料理代が必要になる。今季の料理メニューは3000円のカジュアル(Wチーズポップコーン、ポテトフライ&ミニウィンナー、梅しそ鶏天&かき揚げなど)と4000円のデラックス(豚タン塩レモン&鶏なんこつガーリック風味、海老天&梅しそ鶏天&紅てまり串、焼きつくね串&たこ焼きなど)の2コースを用意。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請