馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

【ホープフルS】ブレイクランアウト産駒のロードアクシスは9着

9着のロードアクシス
9着のロードアクシス

◆第34回ホープフルS・G1(12月28日・芝2000メートル、中山競馬場、良)

 今年からG1に昇格した一戦は2歳馬17頭が争った。クリスチャン・デムーロ騎手が騎乗した1番人気のタイムフライヤー(牡、栗東・松田国英厩舎、父ハーツクライ)が直線で外から追い込んで優勝。初代王者に輝いた。

 2着は2戦2勝で臨んだ名牝ビリーヴの子、4番人気のジャンダルム(武豊騎手)、3着には新馬勝ち直後の2戦目だった8番人気のステイフーリッシュ(中谷雄太騎手)が入った。

 高橋忠調教師(マイハートビート=7着)「勝ち馬と同じポジションにいたのに踏ん張り切れなかったのは、トモ(後肢)がまだ甘いから。そこで踏ん張れれば、いいレースができたが…。そのあたりが成長すれば」

 田所調教師(ウォーターパルフェ=8着)「スタートが良く、いいポジションではこべたが、休み明けのぶん、反応が鈍かった。いい経験になった。センスがいい馬で、いいものを持っている」

 三浦騎手(ロードアクシス=9着)「ゲートで出負けしましたが、それでもすっといい形で運べた。コーナー4つの競馬はいい経験になった。精神的にも体的にも、これからの馬」

 松田騎手(シャフトオブライト=10着)「長距離輸送もありましたし、完璧な状態ではなかったが、馬にはいい経験になったのでは。これからの馬なので、今回が糧になれば」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請