馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  アイビスSD・G3

【ホープフルS】タイムフライヤーが強烈な末脚を発揮して初代王者に

C.デムーロ騎乗のタイムフライヤーが1番人気に応える
C.デムーロ騎乗のタイムフライヤーが1番人気に応える

◆第34回ホープフルS・G1(12月28日・芝2000メートル、中山競馬場、良)

 今年からG1に昇格した一戦は2歳馬17頭が争った。クリスチャン・デムーロ騎手が騎乗した1番人気のタイムフライヤー(牡、栗東・松田国英厩舎、父ハーツクライ)が直線で外から追い込んで優勝。初代王者に輝いた。

 2着は2戦2勝で臨んだ名牝ビリーヴの子、4番人気のジャンダルム(武豊騎手)、3着には新馬勝ち直後の2戦目だった8番人気のステイフーリッシュ(中谷雄太騎手)が入った。

 Cデムーロ騎手(タイムフライヤー=1着)「全体的にペースが速かったので、慌てずに競馬をしました。直線に入ってすごく手応えがよかったが、スペースが空くかどうかだけでした。前に武豊さんの馬(ジャンダルム)がいたので、その後ろで空くのを待っていた。距離も馬の能力も足りているし、まだ体が幼い部分もあるので、来年が楽しみです」

 松田国英調教師(タイムフライヤー=1着)「クリスチャン(デムーロ)がうまく乗ってくれました。後ろから乗ってどうかと思いましたが、3コーナーからロスなく上がっていましたし、4コーナーで外に1頭置いて、うまくコーナリングしていました。かかるところがあり、用心が必要な馬だけど、道中でケンカせずに上手に乗ってくれました。クリスチャンが3回目で持ち味を最大限に引き出してくれました。ここ(ホープフルS)に使ったのは皐月賞と同じ舞台だからですが、オーナーサイドに無理を言って、それを聞いていただき、結果が出て、本当に良かったです。来春は皐月賞からダービーを目指しますが、年明けには(宮城県の)山元トレセンに放牧に出して備えます。クラシックの前に初戦にどこを使うかはまだ決まっていません。G1なんで、そんな言い方をするのはあれなのですが、テストランは、今日で終わりましたね」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請