八角理事長、会見で貴乃花親方の理事解任の提案は「処分ではない」…宗像弁護士は「グッディ」で「処分です」

八角理事長
八角理事長

 28日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)で日本相撲協会が東京・両国国技館で開いた臨時理事会で貴乃花親方に理事解任を提案したニュースを特集した。

 番組では八角理事長の会見を速報。理事長は「貴乃花理事の行為は、理事の忠実義務に著しく反するものと言わざるを得ない」と断じ、1月4日に臨時評議委員会の招集を提案し、そこで審議してもらうことを明かした。

 その上で八角理事長は「1月4日の評議委員会で解任になった場合でも初場所後の年寄会での理事選挙に立候補できることは可能。師匠として部屋の弟子の指導はこれまで通り行えます」と示していた。また、理事解任が決まった場合は「階級は役員待遇委員となります。これは臨時措置であって処分ではありません」などとしていた。

 この会見にスタジオに生出演した相撲協会の前危機管理委員長の宗像紀夫弁護士は「あくまでも処分ですよ。解任ですから」と指摘していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請