【全日本少年サッカー】Jリーグがベスト4を独占

 第41回全日本少年サッカー大会(報知新聞社後援)は28日、鹿児島・鴨池陸上競技競技場で準々決勝を行い、Jリーグの下部組織がベスト4を独占した。

 大宮アルディージャ(埼玉)は西宮SS(兵庫)の攻撃陣を封じて、2011年以来、6年ぶりの4強入りを果たした。セレッソ大阪(大阪)は鹿島アントラーズつくば(北海道)に2―1で逆転勝ち。

 北海道コンサドーレ札幌(北海道)は出間思努(いずま・しど、6年)が開始4分でハットトリックを達成してリオペードラ加賀FC(石川)に6―1で大勝。サンフレッチェ広島(広島)はサガン鳥栖(佐賀)に2―0で競り勝った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請