「マグナストーン」より古い石版を発見、TBSが独占取材でクレオパトラの墓探す

ザヒ博士(左)からマグナストーンの解説を受ける(C)TBS
ザヒ博士(左)からマグナストーンの解説を受ける(C)TBS

 エジプト政府は28日、2016年に発見された石版「マグナストーン」が、大英博物館に展示されている「ロゼッタストーン」より古い約2100年以上前に作られたものであると発表した。クレオパトラの墓の発見につながるのではと期待されるこの歴史的発見の一部始終を、TBSが独占取材。1月3日に放送される「林修の歴史ミステリー」(後9時)で紹介することになった。

 「マグナストーン」は、エジプト第2の都市・アレキサンドリアの西にある遺跡「タップオシリスマグナ」で16年春に発見された。石版に書かれた文字の解読が、考古学者のザヒ・ハワース博士らによって進められており、「ここが我々王家にとって非常に重要な場所」と記されていることが分かっている。

 さらに、古代エジプト最大の謎の一つである、クレオパトラの墓の場所に関するヒントがあるとみられている。墓の発見は同時に、あのツタンカーメンの墓をもしのぐ財宝の発見が予想され、番組では女優の酒井美紀(39)が現地入り。これまでロボットカメラでピラミッド内部の空間を発見したり、CTスキャンでツタンカーメン王の死因の定説を覆したザヒ博士とともに、クレオパトラの墓の発見を目指すという。

 

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請