相撲協会の理事会が1時間で終了…貴乃花親方は国技館退出

両国国技館で臨時理事会が行われた(右から4人目が貴乃花親方)
両国国技館で臨時理事会が行われた(右から4人目が貴乃花親方)

 日本相撲協会の臨時理事会が28日、東京・両国国技館内の会議室で開かれた。大相撲の元横綱・日馬富士関(33)の暴行問題で、巡業部長としての責任などを問われている貴乃花親方(45)=元横綱=の処分が協議されたとみられる。約1時間で終了した。

 理事会は11月30日と今月20日にも開かれており、それぞれ3時間30分、1時間30分を要した。理事会の席順はこれまで同様に、貴乃花親方と八角理事長(元横綱・北勝海)が正面で向き合う状態だった。貴乃花親方は、終了後すぐに国技館を後にした。

 処分はこの後に開かれる評議員会を経て確定する。貴乃花親方は協会の危機管理委員会(委員長=高野利雄・元名古屋高検検事長)による聴取で、「間違ったことはしていない」と主張していた。

 ◆評議員会 定数は5人以上7人以内で、過半数を外部有識者で構成しなければならない。相撲協会の最高議決機関で理事の選任、解任という強い権限があり、年寄(親方)が務める場合は年寄名跡を持ったまま任期(4年)内は本名で番付などに記載される。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請