貴乃花親方の処分予想…「とくダネ!」で笠井アナが相撲取材歴30年の横野リポーターに異議

貴乃花親方
貴乃花親方

 28日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)でこの日、行われる大相撲の貴乃花親方への処分を決める相撲協会の理事会を特集した。

 番組では貴乃花の処分を巡って議論。スタジオで相撲取材歴30年の横野レイコリポーター(55)が今回の処分は、暴行事件の被害者としてではなく、巡業部長として協会への報告を怠ったなど「組織のあり方への処分」と示した。横野リポーターは処分を「1階級降格。1か月間の無給」の厳罰と予想した。

 これに笠井信輔アナウンサー(54)は「横野さんの長い取材歴に異を唱えることは勇気のいることなんですけど」と前置きした上で「相撲協会って苦情電話が殺到することって何回かある。殺到すると対応を変えたりすることは今までもあった。殺到しないようにしないといけない。区別して考えてない人が多いからあまり重い処分を下さない方がいいんじゃないかという理事会のムードが生まれることがあると思う」などと異を唱えた。

 これに横野リポーターは「貴乃花親方の世間のイメージは物凄くいいので、協会も物凄く考えています。重い処分にならなくても協会にとって苦渋の決断になる」などと示していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請