寝屋川の33歳長女監禁死に怒りにじませ「人間のやることじゃない」と大沢あかね

大沢あかね
大沢あかね

 27日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜・前8時)では、大阪府寝屋川市の民家で33歳長女を約16年監禁し、遺体を遺棄したとして両親が逮捕された事件について特集。コメンテーターとして出演したタレントの大沢あかね(32)は「人間のやることじゃない」と怒りをにじませた。

 長女は2畳ほどのスペースに監禁され、死亡時の身長は145センチ、体重19キロと6歳女児の平均体重を下回っていた。死因は栄養失調による凍死と発表され、両親は娘に精神疾患があったと話しているという。

 番組では事件のあった民家の周辺を取材し、長女が監禁されていた状況も再現。MCの加藤浩次(48)が「クーラーはついていたけど、暖房はついてないとか、この状況だと絶対に亡くなると分かってる」と眉をひそめると、2児の母である大沢は「これはもう人間のやることじゃないですし、私はもう虐待なんじゃないかって思います」と激怒。

 さらに「精神的にも肉体的にも追い詰められて亡くなったと思うと本当に胸が痛いです。親のやることじゃないですから、本当に許せない行動」と非難した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請