Dバックス入り平野佳寿、イチローとの共闘を希望「一緒の空気を吸いたい」

移籍会見で「一所懸命」と書いたボールを手にポーズを決める平野
移籍会見で「一所懸命」と書いたボールを手にポーズを決める平野

 FAでダイヤモンドバックス入りが決まった平野佳寿投手(33)が26日、イチローとの“共闘”を希望した。大阪・舞洲のオリックス球団施設でさよなら会見を行い、去就が未定の大先輩に対し「一緒にやりたいし同じ場でやりたい。球場で一緒の空気を吸いたい」とラブコールを送った。

 初対戦の記憶は今もはっきり覚えている。2006年2月12日の紅白戦。ドラフト希望枠で入団したばかりの平野がプロで初めて対戦した相手がマリナーズ時代のイチローだった。宮古島キャンプに特別参加していた天才に二塁打を浴びた。「ありがたかった。良い時間だった」と振り返る。移籍が決まる前に、神戸市内の飲食店で偶然会った際には「頑張ってね」と声をかけられたという。

 米国で実現するかもしれない再戦については、「対戦があまり多くなるとアレなんでね…」とタジタジだったものの、会見中のすがすがしい表情からは、今回の移籍への強い決意がにじみ出ていた。(筒井 琴美)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請