【ソフトバンク】森唯斗、1・3億プラス出来高で更改 チーム14人目の日本人1億円プレーヤー

会見後、札束を手に笑顔の森
会見後、札束を手に笑顔の森

 ソフトバンクの森唯斗投手(25)が26日、福岡市・ヤフオクD内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4300万円増の年俸1億3000万円プラス出来高でサイン。チーム14人目の日本人1億円プレーヤーとなった。

 日本一にふさわしいバラ色のオフだ。森は今季、自己最多の64試合に登板し2勝3敗1セーブ33ホールド。入団から4年連続で50試合以上登板し「すごくいい評価をしてもらった。信頼されるセットアッパーになりたい」と笑みが絶えなかった。14人もの日本人選手が1億円を超えるのは、2005年シーズンの巨人以来で、プロ野球史上タイだ。

 「日本一に貢献してくれた選手は評価したい」と三笠球団統括本部長。今季、活躍できなかった摂津、長谷川勇ら高年俸選手は複数年契約。武田の3000万円ダウンが目立つ程度で軒並みアップしている。来季も日本一となれば、新たな1億円プレーヤーが続々と誕生する可能性は十分にある。(戸田 和彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請