神谷衣理那、1票差落選の雪辱「本番でパワーに変えられたら」…スピードスケート代表選考会27日開幕

前日練習でリンクの感覚を確かめた神谷(右)
前日練習でリンクの感覚を確かめた神谷(右)

 スピードスケートの平昌五輪代表選考会は27日、長野市エムウエーブで開幕する。26日は会場で公式練習が行われた。特に激しい代表争いが繰り広げられそうなのが、初日の男女500メートルだ。男子は2010年バンクーバー五輪銅メダルの加藤条治(32)=博慈会=が経験を生かし、4大会連続出場へ意欲。女子の神谷衣理那(25)=高堂建設=は、選考基準を満たしながらソチ五輪代表から漏れた4年前の雪辱を期した。

 4年前の悔しさは決して忘れていない。ようやく雪辱の舞台が巡ってきたが、神谷に気負いはなかった。「4年前は結構不安があったけど、今は落ち着いている。いけるっていう感じがあるので、それを本番でパワーに変えられたらいい」と静かに闘志を燃やした。

 前回のソチ五輪代表選考会は女子500メートルで3位に入り、選出は確実とみられたが、メダルが期待された団体追い抜きメンバーが優先され、まさかの落選。選考委員会による決選投票で1票差の悲劇に号泣した。一度は競技を離れるほどショックは大きかったが「やっぱりこの時期になると思い出すけど、最近はあの経験があって良かったなって思えてます」と乗り越え、成長の糧としてきた。

 代表争いは前回以上の厳しさだ。今季W杯で7戦全勝の小平奈緒は出場すれば代表に決まるため、残りは2枠。郷亜里砂がW杯で4度の3位と実績を重ね、ソチ五輪9位の辻麻希も経験豊富。成長著しい曽我こなみも侮れない。だが、選考会の難しさは誰よりも熟知している。「前向きな気持ち、自信を失わないで堂々とスタートラインに立ちたい」と決意を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請