山中慎介、ヒヤヒヤ…子供2人が「はじめてのおつかい」

我が子の冒険を見守った山中慎介(中)と司会の所ジョージ、森口博子
我が子の冒険を見守った山中慎介(中)と司会の所ジョージ、森口博子

 プロボクシングの前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35)=帝拳=の長男・豪祐(ごうすけ)くん(5)、長女・梨理乃ちゃん(3)が、日本テレビ系「はじめてのおつかい! 爆笑!2018 大冒険スペシャル(仮)」(来年1月8日・後7時)のロケに挑戦した。

 8月にルイス・ネリ(23)=メキシコ=にTKO負けし王座から陥落した山中が、現役続行を決意した数日後というタイミングで偶然「おつかい」ロケの話が舞い込んだ。「ちょうど、自分が新しく挑戦するタイミングで、家族全員がひとつの目標に向かうことができた」と、運命的なものを感じたという。

 信号も子供たちだけで渡ったことがない2人だったが、沙也乃夫人特製のお守りを下げ、おつかいに奮闘。山中の体重計の電池を買いに電器店に向かった際には豪祐くんが「いつも応援ありがとうございます」と頭を下げるなど、大人顔負けの気遣いも発揮した。

 山中はこのほどスタジオ収録に参加。普段はリング上のパパを家族が見守るが、今回は立場が逆転。「自分が主人公のほうがどんなにラクか…」と冷や汗をかきつつも「親が思っている以上に子供はよく分かっているんだな」と成長を実感した様子。子供たちの頑張りが、再戦に向かう自身の刺激になったようだった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請