小西伶弥、日本ミニマム級王座V2 来年ライトフライ級で世界初挑戦目指す

判定勝ちで日本ミニマム級王座V2の小西伶弥
判定勝ちで日本ミニマム級王座V2の小西伶弥

◆プロボクシング▽日本ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ10回戦〇小西伶弥(判定)松井謙太●(26日・神戸市立中央体育館)

 日本ミニマム級タイトル戦が行われ、王者の小西伶弥(24)=真正=が、同級1位の松井謙太(22)=三河=を3―0の判定で下し、2度目の防衛に成功した。小西は現在WBCとIBFの同級6位だが、減量苦により、来年はライトフライ級(48・9キロ以下)に転向して世界初挑戦を目指す。

 ジャッジ3人中2人が9ポイント差をつけた大差判定勝ちにも、小西に笑顔はなかった。地元神戸で、何度も挑戦者の松井をロープ際に追いつめながら、大振りして自らも被弾しKO勝ちを逃した。「世界を見すえた試合だったのに、悪い癖が出てしてしまった」と反省しきり。無敗の24歳は「ミニマム級は(減量が)きつい」と明かし、「来年も組んでもらった試合を全部勝っていく」と前を向いた。陣営も同級で世界挑戦の機会を探るという。

 通算成績は小西が15勝(5KO)、松井が8勝(1KO)7敗。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請