比嘉大吾、2・4故郷で防衛戦 沖縄での世界戦は具志堅用高氏以来37年ぶり

2月4日に故郷・沖縄での防衛戦が決まり会見する比嘉大吾(カメラ・堺 恒志)
2月4日に故郷・沖縄での防衛戦が決まり会見する比嘉大吾(カメラ・堺 恒志)

◆プロボクシング 世界戦 ▽WBC世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦(2018年2月4日・沖縄県立武道館)

 白井・具志堅スポーツジムは26日に都内のホテルで会見を開き、所属するWBC世界フライ級王者・比嘉大吾(22)が故郷の沖縄県で2度目の防衛戦を行うと発表した。

 相手は同級10位で元世界2階級制覇王者のモイセス・フエンテス(30)=メキシコ=。同県での世界戦は、同ジムの会長で元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高氏(62)が1981年3月に行って以来、37年ぶりとなる。

 比嘉は「沖縄でやりたいと(具志堅)会長は話していたので、いずれやるだろうとは思っていた。この時が来たか、という気持ち」と感想を述べた。具志堅会長は「こんなに早く沖縄でできることをうれしく思う」と語った。同郷の先輩でもある元WBC世界スーパーライト級王者・浜田剛史らに並ぶ15連続KOの日本記録もかかる。比嘉は「倒すのは大前提で、見ていて面白い、圧倒的に勝つボクシングをしたい」と意気込んだ。

 比嘉のここまでの戦績は14勝(14KO)。挑戦者のフエンテスは25勝(14KO)4敗1分けで、16年12月に田中恒成(畑中)とのWBO世界ライトフライ級王座決定戦を日本で戦った(5回TKO負け)経験がある。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請