早見優が子宮筋腫の手術 来年2月いっぱいまで休養へ

早見優
早見優

 タレントの早見優(51)が26日、自身のブログで子宮筋腫が大きくなったため手術を受けたことを明かした。

 早見は「実は以前から患っていた子宮筋腫がこの1年でかなり大きくなったため、先週手術を受けました。お腹や腰の痛みが悪化してきたことを医師に相談したところ、年内に摘出しましょう、ということになり、手術を受ける形になりました」と報告。そして「今回の手術は腹腔鏡下手術なので、リカバリーも早く、入院も長くありませんでした」とつづった。

 さらに「女性なら子宮筋腫のことを聞いたことのある方もいらっしゃると思います。小さい筋腫は見つけにくいこともありますが、外来などで超音波で診断できます。子宮筋腫は良性のものが主ですが、中には、今回の私のケースのようにとても大きくなり、放置しておくと出血が出たり、お腹や腰の激痛等で悩まされるケースもあります」と記した。

 仕事復帰については「先生のお話ですと6週間から8週間安静をすすめられたため、1月、2月いっぱいはお仕事をお休みさせて頂きます」としていた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請