【全日本少年サッカー】柏レイソル、世界基準に自信…開会式

◆第41回全日本少年サッカー大会(25日、鹿児島市民文化ホール)

 全国の8717チームが参加した都道府県予選を勝ち抜いた48チーム(前年優勝の兵庫は2チームが出場)が、鹿児島市内に集結して開会式を行った。今年で3年目を迎えた鹿児島市での冬開催。テーマは「一瞬だって、負けたくない。」で未来のサッカー界を担う“金の卵たち”が全国の頂点を目指して26日から熱戦をスタートさせる。

 大会最多17回目の出場を誇り、今回は世界の強豪と渡り合ってきた世界基準のチームだ。ダノンネーションズカップの予選を勝ち抜き、9月の世界大会(米国ニューヨーク)に出場。13位ながらポルトガル代表、ベルギー代表を撃破した強さは本物だ。「今年は攻撃的なチームです。目標は優勝。自信あります」と別府慧主将(6年)は言い切っていた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請